英国王室御用達

ドッグフードの原材料と安全性

日本では、長らくワンちゃん猫ちゃんなどのペットフードについては、特に法的規制もなく粗悪品が出回っていましたが、平成21年に「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(ペットフード安全法)が施行され、商品ごとの表示や添加物の安全基準などが義務付けられました。
とはいえ、諸外国に比べるとまだ規制がゆるく万全ではないため、安全なドッグフード選びは難しいと言われています。

ドッグフードの原材料、一体どのようなものが安全といえるでしょうか。
まず表示を見てみましょう。

普通に売られている多くのドッグフードには、ワンちゃんにとっては不要だったり有害だったりするものが含まれています。
まず、トウモロコシや小麦などの穀物が原材料の多くを占めているところがポイントです。
これらの炭水化物はワンちゃんの成長にあまり多く必要ではありませんが、安価で大量のドッグフードを作るために、かなりの割合で配合されていることが多いです。

そして、肉骨粉、肉粉、肉副産物、などという原材料が使われていますが、これらは、実は肉と名がついていますが肉ではありません。
家畜の肉以外の部分も含んで加工したもので、安全性に疑問が残ります。
チキンミール、ミートミールなどの「~ミール」というものも同様です。
なるべく避けたほうが良いですね。
安全なドッグフード
を選んであげるためには、原材料の意味を知ることが大事です。
ドッグフードを食べない時の対処法についても参考にご覧ください。


このページの先頭へ