英国王室御用達

海外ドッグフードは安全なのか

日本国内で大量生産されているドッグフードは、格安で手に入れることができますが、安全性の面では不安が残ります。
日本は長らくペットフードに関しては法規制もなく野放し状態で粗悪品が出まわっていました。
現在は法整備も進んでいますが、海外諸国に比べるとまだまだ規制がゆるく、危険な原材料や添加物が大量に含まれているものが売られているのが現状です。

一方、アメリカやヨーロッパ諸国などは法的に規制が厳しいペットフード先進国が多く、国民の意識も高いため安全安心なドッグフードが生産されています。
そのため、海外からの輸入フードのほうが安全性は高い傾向にあります。

もし輸入フードを購入する場合は、並行輸入品ではなく、正規輸入品を探して買うようにしましょう。
ドッグフードは船便で輸入されることが殆どです。
正規輸入品は多量に専用便で送られてきます。
専用の設備で厳重に品質保持を考えられてしっかり管理され、船は気温の低い地域を通ってきます。

しかし、並行輸入品の場合はそうではないことが殆どです。
他の品物と一緒に少量で運ばれるため、管理が行き届いていない可能性があります。
そして赤道直下などの熱帯の海を通ってくるため、高温にさらされることになり品質劣化が疑われます。
そして、国内に荷揚げされる際には「燻蒸」という防疫のための殺虫処理が行われます。
安全ではありません。


このページの先頭へ