英国王室御用達

子犬用ドッグフードの選び方

「子犬用ドッグフード」というのは、ワンちゃんの離乳食期が終わる生後2ヶ月から、1歳くらいまでの間の「子犬期」に与えるドッグフードのことをいいます。
この時期のワンちゃんの成長はめざましいものがあります。
毎日ぐんぐんと骨格や筋肉をつけて成長していくために、そしてその成長によってその後の健康や体格も決まってくるため、栄養バランスやカロリーには最も気をつけなければいけない時期です。

ほぼすべてのメーカーから、子犬用のフードが発売されています。
これは、子犬の時期に必要な栄養バランスを考えて作られており、成長に必要な栄養素やカロリーも含まれています。
パピー用やグロース用などといった名前の場合もあります。
この時期は必ず子犬用フードを与えるといいでしょう。

また、子犬用フードの中にも大型犬向け中型犬向けなど、犬のサイズに合ったものを選ぶといいでしょう。
犬のサイズによって適切な粒の大きさが違ってきます。
大型犬に小粒のものを与えると、あまりよく噛まずに食べてしまい胃腸に悪い影響を与えることも考えられます。
そして小型犬に大粒のものを与えると、きちんと噛むことができずに食欲が落ちて体調を崩すことも考えられます。
ワンちゃんにあわせて食べやすいものを選んであげたいですね。
また、添加物なども悪影響を及ぼす時期のため、なるべく少ないものや無添加のものを選んであげましょう。

このページの先頭へ