英国王室御用達

穀物不使用ドッグフード

最近、穀物不使用、グレインフリーのドッグフードが注目されています。
一体なぜでしょうか。

一般的に売られているドッグフードには、トウモロコシや小麦などの穀物が使用されています。
まず理由としては、穀物の炭水化物がなければドライフードの形を作ることが困難なため配合されていることがあげられます。
しかし、それだけではありません。
実際のところはドッグフードの成分の半分以上は穀物という製品がほどんどです。
犬は本来は肉食動物で、肉を食べることに適した体の構造をしています。

消化器官なども肉を消化吸収するのにふさわしい形と機能です。
そのため、肉を主食にするべきであり、ドッグフードの主成分も魚や肉などの動物性のタンパク質であるべきなのですが、肉を主成分にするとコストがかかり、大量生産に不向きです。
そのため、穀類を多量に混ぜることによって量を稼ぎ、大量生産と流通を可能としているのです。

しかし、犬は穀類の消化酵素を持っておらず、炭水化物を人間のように簡単に消化吸収することができず、体調不良の原因となることもあります。
そして近年はトウモロコシや小麦が原因でアレルギー症状を起こすことも多いです。
以上のような理由から、穀物不使用のドッグフードが注目されています。
ワンちゃんのアレルギーや体調不良の原因となる穀物が使われていないため、非常に健康によいといわれています。


このページの先頭へ