英国王室御用達

日本のドッグフード事情

以前の日本国内では、ペットフードに対する安全基準などの法規制がなく、何でもアリという状態でした。
ところが平成19年にアメリカでペットフードの健康被害事件が発生し、これを受けて日本国内でもペットフードの安全性への取り組みが高まり、平成21年に「ペットフード安全法」が施行されました。
これにより、すべての原材料の表示や原産国名、賞味期限などのの表示が義務付けられ、添加物や汚染物質などの含有量の上限が設けられました。
とはいえ、人間の食べるものに比べてまだまだ規制がゆるく、安全性の確保ができていないとも言われています。

一方ドッグフードの先進国、アメリカでは、国と州による管轄で安全基準が設けられています。
原料や、製造施設などにも決まりがあり、日本よりも厳格な「給与試験」が行われています。
人間の食べるものと同じくらいのレベルで規制されている、とも言われています。

しかし、だからといって国産品よりも輸入ドッグフードのほうが安全だとは一概に言えません。
輸入ドッグフードのほとんどは船便で運ばれてくることが多く、長旅を経てやってきます。
この長期間の船旅の中で、船のルートや荷物の環境によって、日本に到着するまでに激しく劣化を起こしてしまう場合も多いといわれています。

何かと不安ばかりがつのる日本のドッグフード事情です。
信頼できるフードをワンちゃんのためにも頑張って見つけたいものですね。

このページの先頭へ