英国王室御用達

猫にドッグフードを与えてはいけない理由

猫にドッグフードをあげても大丈夫かどうか、疑問を持ったことはありませんか?
特にワンちゃん猫ちゃん両方飼っておられる方は、ドッグフードでどちらも済ませられたら経済的にも楽で手間もかからなそうですよね。

でも、猫にはドッグフードを食べさせてはいけません。
反対に犬にキャットフードを食べさせるのもよくありません。
ほんのすこし食べてしまった程度なら問題はありませんが、継続的に食べさせるのはダメなのです。

一体なぜでしょうか?その理由は、犬と猫との違いにあります。
は長い間人間と共に暮らす中で雑食動物に少しづつ変わってきました。
一方猫は現在も完全に肉食動物のままです。

そのため消化器官の作りが違っており、犬が食べられる穀物などの栄養素を猫は吸収できないのです。
そして、ドッグフードには猫が必要な成分が含まれていません。
その成分とは「タウリン」です。

皆さんも栄養ドリンクなどで名前を聞いたことがあると思います。
犬は自分の体の内でタウリンを合成できるため、ドッグフードには特に含まれていません。
しかし、猫は自分の体の中でタウリンを合成することができません。
そのためキャットフードには必ずタウリンが含まれています。
タウリンの含まれていないドッグフードを猫に与え続けていると、猫ちゃんがタウリン欠乏症になるおそれがあります。
気をつけましょう。


このページの先頭へ