英国王室御用達

長期保存が可能な冷凍ドッグフード

ドッグフードの中で、最も多くの種類が発売されているのがドライフードです。
皆さんもワンちゃんに毎日食べさせているのではないでしょうか。
ドライフードはウェットフードなどよりも水分含有量が圧倒的に少なく、そのため品質が落ちにくく長期保存を可能にしています。
ウェットフードやモイストフードなどは水分が多めに含まれており、必然的に腐りやすくなるため、防腐剤や保存料などの添加物がたくさん入っている商品が残念ながら多いです。

しかし、ドライフードよりもウェットフードのほうが、香りや食感が良いため、ワンちゃんにとってはおいしく感じられる傾向にあるようで、食いつきが良いです。
そして、ウェットフードのほうが、水分が多く含まれているおかげで同じ量のドライフードよりカロリーが抑えられている場合もある、というメリットもあります。
ウェットフードを食べさせてあげたい、でも、保存料が心配ですよね。

ドライフードのように、添加物抜きでウェットフードを長期保存させるにはどうしたらよいでしょうか?実は、作りたてのウェットフードを、即冷凍すればそれが可能になります。
冷凍してあれば細菌などの繁殖も防ぐことができ、電子レンジやお湯などで解凍して、出来たてのような味のまま食べさせることができます。
昨今は、冷凍のフードも市販されています。
手作りフードを冷凍するのもよいでしょう。
一度、試してみてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ